<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

エリザベート・スペシャルガラコンサートのDVDが来た

今朝、エリザベート・スペシャルガラコンサートのDVDが来ました。
e0097534_17351288.jpg
本日の予定、全てキャンセル。
TVの前に正座して(楽しみすぎて、とてもソファに座ってゆったり観る心の余裕がない)どっぷりDVD鑑賞しちゃいました。

DVDで観たのはドリームバージョン。
だって、ねぇ。

ガラコン舞台を生で観たあの感動が甦ってきました~。
しかもこのキャスト陣。
e0097534_17382813.jpg
世代を超えたトップたちとスターたちとの競演は盆と正月がいっぺんに来たぐらいの豪華さで、いきなり初日にリピート鑑賞です。(^^;

湖月わたるさん、超かっこいい。
e0097534_17425058.jpg
宝塚退団後、あ~んな美女やこ~んな女性を演じてたのに、いつでも男役に戻れるんだなぁ。
無事にまた女性に戻れますように。(笑)

個々の感想、思ったこと・感動のツボ、山ほどあるんだけどキリがないから割愛しますが、出演者全員がすごいパワーです。
観る側にこんな感動と幸せを与えてくれるOGたち、万歳。

さて、今夜もまたDVD観ます。
当分TVの前に正座です。
たぶんこれより数日は魂抜けてると思います。(笑)
by butachan02 | 2013-01-29 17:58 | 湖月わたるさん | Comments(6)

真冬の水生植物

大寒は過ぎても朝は毎度厳しい寒さで、
庭のプラ舟もベジプラも凍りつく日が多いです。


冬枯れの寂しいプラ舟です。
e0097534_1537473.jpg
すっかり枯れているのは浮き草のサルビニア。
でも、この寒さの中で腹立たしいほど元気なのはアオウキクサ。
どんだけーーーーーー。
e0097534_15394263.jpg
メダカは発泡スチ箱に移動してあるため、ここの住人はミナミヌマエビとスネールたちだけ。

e0097534_15432868.jpg
↑ 立ち枯れのミズトクサ(左)と、かろうじて緑を見せるシラサギカヤツリ。

↓ ミニシペラス。わわわっ、枯れてないよね?
e0097534_15451651.jpg


↓ 地上部の枯れ果てたナガバオモダカ。外来種。よったけさんからの里子です。
e0097534_1546578.jpg
でも水中では
e0097534_15472299.jpg
きょえ~~っ、爆繁殖してるし~。

↓ ウリカワ。ニルさんからの里子です。
葉も花もナガバオモダカに激似でおばちゃんには見分けられないですが、こちらは国産在来種です。
e0097534_15494649.jpg
やはり水上部は枯れていますが、水中部分は緑を残しています。
e0097534_15504574.jpg
ナガバオモダカのようなたくさんの子株は見られず、大株がドッシリとしているのみ。

↓ ヒメコウホネ。柔らかな水中葉はとろける手前ですが、株からはすでに新葉が展開しようとしてきています。
e0097534_15532087.jpg


↓ ガガブタ。よったけさんからの里子です。
ワサビのような根から、こちらも新葉が伸びだしてきています。
e0097534_1554295.jpg


↓ アサザ。こちらもよったけさんからです。
浮葉は毎朝氷とともにカキーン!!ですが、驚くほど寒さには強い。
氷にも霜にも負けず葉は生き生きと緑。
e0097534_15581321.jpg


↓ ミズサンザシ。ニルさんからです。
届いたとき暑さのため葉は茶色くなっていましたが、茎は緑だったため復活を願って植え込んでおきましたが、知らぬ間に成長してました。
来年の冬には花が見たい。
e0097534_162912.jpg


↓ パールグラス。こちらもニルさんからの里子。
熱帯魚の水槽のイメージがありますが、寒さには強いのですね~。
氷の下でも枯れることなく緑生き生き。
e0097534_1663071.jpg


↓ 名前忘れた。舌をかみそうな名前だったような・・・・。(笑)
これも熱帯魚水槽のイメージが強いですが、ビニール1枚のみのカバーのベジプラの中、枯れることもなく。
e0097534_1681953.jpg


↓ ウォーターコイン。あんまり増えるので撤去したはずが、生き残っていつのまにか芽を出してた。
まぁ、いいか。
e0097534_1694177.jpg


↓ モス。この柔らかなフワフワ感が大好き。溶岩石に活着中が勢い余ってプラ舟の縁に直に活着して増殖中。
e0097534_1610188.jpg


↓ ご存知、アナカリス。一年中を通して強い!!
e0097534_16133291.jpg


↓ ご存知、マツモ。筆状の殖芽で越冬中。
e0097534_1615886.jpg


↓ サルビニア。寒さには弱いですが、発泡スチ箱(昼はビニール、夜はフタ)の中では元気いっぱい爆増えしてます。
e0097534_16164344.jpg
この時期目の覚めるような緑が綺麗なんですが、あまりに増えて飼育容器の水面を覆ってしまうので時々捨ててます。
e0097534_16165480.jpg
でも大好き。


水生植物栽培はあんまり得意じゃないけれど、
ヘタの横好き、ってんですか?育てたくって、
去年一昨年とブロ友さんたちのご好意でたくさん分けていただきました。
(まあ、枯らしちゃったのもあるけれどね。申し訳ない。)
それでも去年の夏はいっぱいのメダカ容器を彩って、メダカに憩いの場を提供してくれました。
本当に感謝です。
今年の目標はこれらの水生植物の花を見ること。

まだ冷たい水の中で もう動き出した水生植物たちを見ていると、
春の訪れは遠いことではないんだなぁと心がちょっぴり浮き立ちます。
by butachan02 | 2013-01-28 16:37 | 冬の庭 | Comments(10)

恥ずかしくって

今まで内緒にしてたけど、


教えちゃおうかな~、


アナタにだけ。



e0097534_11291243.jpg


うふっ。

誰にも秘密なんだから♪







ほんとはね、

















ハニワにも耳の穴があるって知ってた?

e0097534_11322034.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。







・・・・・・・・・・・いえ、

今日もそれだけです。

すんません・・・・・・・・・・・・・・・。




では今日は、我が家の恥ずかしがりやさんを紹介。
楊貴妃出目パンダと青幹之(めだか日和産)です。
南側軒下、発泡スチ箱で越冬中~。
元気してるかな?ってカメラ構えても、え~ん、ちっとも浮き上がってこない。
もうっ、恥ずかしがりやさんなんだからぁ~。← 違うと思う


↓ 楊貴妃出目パンダ
e0097534_1140090.jpg
e0097534_1140122.jpg
e0097534_11402313.jpg
e0097534_1140353.jpg
底にへばりついて待てども待てども浮き上がってこないので
e0097534_11412134.jpg
エサで釣ってやった。
・・・・・・・・・・エサだらけ。(汗)


↓ 青幹之(めだか日和産)
e0097534_11423919.jpg
e0097534_1143023.jpg
e0097534_11431430.jpg
e0097534_114328100.jpg
弱光、点光いるけれど、冬の間に全体的にずいぶん光りが伸びてきたような気がします。
強光の個体が増えてる~。
ちなみにスーパーぽいのは3匹。
e0097534_11554745.jpg
うあ。急に浮き上がってきよった。びっくりするやんけ。
この系統の子(卵も)を去年は数箇所に里子に出させてもらいましたが、元気してるでしょうかね~。
1匹でも多く育っていてくれたらうれしいな。



と、これを書いていたら何か外がやけに暗い。
ちょっと覗いてみたら、
うぉおおお、ものすごい勢いで雪が舞い狂ってるぅ~!!
すごい雪だっ!!洗濯物、洗濯物っ!!!

って、大急ぎで洗濯物の雪をはらって室内に取り入れて外に出たら、
ピカーーーーッと太陽がまぶしい。
ゆ、雪、一瞬にして止んでもうてる。。。。。。。。。。
天気に遊ばれたみたい。
はぁ~、洗濯物、もう一回外に出すのめんどくさいよ。

e0097534_1274836.gif

by butachan02 | 2013-01-26 12:09 | メダカ | Comments(8)

ワタシの目を見て

ダメよ、


目をそらさないで。


ねぇ、









何が見える?

e0097534_14322191.jpg




e0097534_14344335.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、遊んでみただけです。
e0097534_1441511.gif





目つながりと言うことで、本日は屋外発泡スチ箱越冬中の 楊貴妃透明鱗×目前 と 出目×目前 たちの現在の様子をご紹介したいと思います。

まずは 楊貴妃透明鱗×目前
e0097534_14462170.jpg
e0097534_14464851.jpg
e0097534_1447203.jpg
e0097534_14474050.jpg
e0097534_14483559.jpg
青いのは 青幹之×目前 です。
目前は弱いと聞きましたので、孵化後すぐに普通目とは分けて目前たちのみを集めて飼育しました。
が、やはり若干弱かったようで、最終的な生き残りは少なかったです。
育ってみたら目前じゃなかった子も~。

そして 目前×出目 たちです。
e0097534_14554577.jpg
e0097534_1456571.jpg
e0097534_14562048.jpg
e0097534_14563047.jpg
e0097534_14563850.jpg
びっくおめめの出目、笑えます。
見たところ目前が確認できましぇん。
稚魚のときはソレらしい子いたのになぁ。
やはり弱いので淘汰されちゃったのか。
それとも成長とともに普通目に変わっちゃったんでしょうか。
次世代に期待です。


なにはともあれ、元気に春を迎えて欲しいですね~。
by butachan02 | 2013-01-25 15:07 | メダカ | Comments(6)

ダルマさん、転ぶな!

転ぶんですわ、ダルマさんが。
発泡チス箱に入れて部屋の中に置くにもかかわらず。。。。。。。。。
初恋も、楊貴妃透明鱗も、青幹之も。
しかも大きい子ばっか。
そして、転んだダルマさんたちは復活ならず天に昇っていきました。。。。。。。。。





なんでやーーーーーーーっ!!

なんでいつまでたっても飼育ヘタクソなんや、ワタシったらーーーーーーーーっっ!!!。






やっぱダルマは加温しんと無理なのか、我が家では。
かわいいから好きなんだけどな。
転ぶとかわいそうだからもうダルマさんの飼育はやめるべきかなぁ。
でも生まれてくるし。
ウジウジウジ。。。。。。。。




たっぷり犠牲を強いてしまった後になって、おばちゃんは心を入れ替えました。

元気なチビダルマたちを加温したろ。



加温中です。
e0097534_1734045.jpg
以前はハーフサイズの衣装ケースに湯銭方式だったためプラケが中と小の2個しか入らなかったので、普通サイズの衣装ケースを買ってきました。
これでプラケ中が3つ入るから、ダルマさんの収容数が増えます。

左に青幹之と楊貴妃透明鱗のダルマ体型の子たちを入れました。
本ダルマも半ダルマもごちゃまぜです。
e0097534_17434838.jpg
e0097534_17435927.jpg
e0097534_17441563.jpg
e0097534_17442848.jpg
e0097534_17444242.jpg
e0097534_17445141.jpg
e0097534_17453411.jpg
e0097534_17473945.jpg

プラケを取り出し、久々に横見。
e0097534_17465646.jpg
e0097534_17471185.jpg
やっぱダルマさんは横から見たい。
でも我が家じゃ物理的に無理。
しかもプラケが古くて曇りガラス風味なのがかなしひ。

真ん中はおもちゃ箱メダカと呼んでる 幹之×ハンマーヘッド=オレンジブチ からのF4個体中のダルマ体型及び普通体型チビチビをIN。
e0097534_17514969.jpg
e0097534_1752326.jpg
e0097534_17521770.jpg
e0097534_17523188.jpg

同じくプラケを取り出し横見。
e0097534_17531168.jpg
e0097534_17532823.jpg


右は青幹之のチビチビ抜粋なので省きます。

水温が、夜間15度昼20度ほどになり、ダルマたちが活発に泳ぎ回るようになりました。
これで一安心!!かな?
どうにか無事に春を迎えられますように。


ダルマさん、転ぶな!!
by butachan02 | 2013-01-24 18:04 | メダカ | Comments(6)

越冬中のホテイソウ 『こんなんなりました~』

はぁあ、寒いよ~~。

と思っていても、最近は日が少し伸びてきましたね。
目をこらせば春の兆しがちょこっと、ちょこっと。
e0097534_11144322.jpg
e0097534_11145538.jpg
e0097534_1115884.jpg

もう少しの辛抱、あと2ヶ月!!







2ヶ月かぁ・・・・・・・・・





・・・・・・・・長いよぉ。












さて、気を取り直し、
e0097534_11305342.gif
越冬中の我が家のホテイアオイの状態のご報告でも。


↓ 屋外フタなし発泡スチ箱。
e0097534_11195248.jpg
茶色っぷりが見事です。
捨てるはずだったのに、面倒っちいからそのまま放置してました。
枯れてますね、うん。
一緒に入ってるサルビニア(サンショウモ)なんて、茶色通り越して透き通ってきてるから。
今度こそ捨て時かと株を持ち上げてみたら、
ありゃ?以外にしっかりしてるぞい。
e0097534_1123523.jpg
基部を指でグッと押してもグニャリとしてないどころか硬い。
裏を見たら
e0097534_11242973.jpg
緑色が残ってるしー。
てことは、枯れてないんだな?
そーなのか?
ええ?
すげーーーーーな、おい!!(スネールもな・・・・・・)
ほぼ毎日氷が張ってるこんな容器でまだ生きているとは。
てことは、もしかしたらイケるのか?
春になったら緑がコンニチワしてくるのか?
そう思っていいのか?
うわぁーーーーーー!期待抱いちゃうぞ。
よしっ、ここのホテイアオイ、このまま保留だっ!!

・・・・・・・・・・・無理だろな~。(笑)


お次は屋外東側軒下ベジプラ、ビニールフタ有り。
e0097534_11443272.jpg
e0097534_1144505.jpg
e0097534_1145456.jpg
がんばってる感が伝わってきます。
周囲のサルビニア(サンショウモ)も茶色くなってきてるのもあるし。
でも、もしかしたらイケるのかもって気はしますよね。
さっきのフタ無しであれだもの。
あと2ヶ月、何とか乗り切っておくれーーーーー。


そしてラストは屋内南側廊下衣装ケース。
e0097534_11485134.jpg
ジャン!!
e0097534_1149868.jpg
これはイケてる。
てかイケるでしょ、普通に。
e0097534_11511672.jpg
e0097534_11512752.jpg
そりゃまぁ少々ボロくはなってるけど、この状態だったら越冬成功って言っていいんじゃないの?
一緒のサルビニア(サンショウモ)もすくすくと巨大化してウエーブががってるしぃ。
e0097534_1232624.jpg
やっほっほ♪

ホテイアオイの越冬、成功の予感~!!



と、まぁ、
こんなとこです。
来年もホテイの購入費が浮きそうでうれしい主婦でありましたー。

あと2ヶ月!!!
e0097534_11584030.gif

by butachan02 | 2013-01-23 12:00 | 冬の庭 | Comments(6)

青幹之、生存組

裏口を出たところのご近所の駐車場。
e0097534_1113679.jpg
轍がクッキリ残ったまんま14日に積もった雪はまだ溶けきっていない。
なのにまた今晩から雪になるらしい。
あ~、大変だ。冷蔵庫の中がからっぽだ。
主婦にはそんなことが気がかり。
買出しに行かなくっちゃ。
寒いから、おでんのタネをたっぷり買ってこよう。


去年の12月半ば、屋外発泡スチ箱飼いの青幹之たちがいきなり絶不調になった。
横たわり底に沈んだもの、息も絶え絶えにエラを開閉させているもの、頭を左右に大きく振りながらたどたどしく泳ぐもの、狂ったように泳ぎ回るもの・・・・・・・・・。
何が起きたのかわからなかった。

2日前はなんともなかった。
1日前は・・・・そういえばみんな水面に浮かび上がってじっとしていたっけ・・・・・・・・。
ズラリと並べた他の発泡スチ箱と同じように荒木田土を底床に使い、入れた水草も与えたエサも他と同じモノだった。
なぜこの容器だけ?
しかもこの容器に入っていた幹之は鉄仮面からの子で、実際もしかしたら春までには鉄仮面になるであろうと予想していた子も数匹いて、マジで期待の星の精鋭たちだったのに。
急いで水変えをしたが、すでに1/3が息絶えていた。

とりあえず、ベアタンクにした発泡スチ箱に、生き残った20匹の幹之たちを移して室内に入れた。
弱っている個体たちを外で冬越しさせるのは危険だと思った。
フラフラしていた幹之たちはさらに数を減らしていった。
そうして、今現在10匹のみが生き残った。
e0097534_11142842.jpg
e0097534_11144054.jpg
水が青いのはメチレンブルーが入っているため。
2週間ほど前までは安定していて普通の飼育水だったのだけれど、免疫力が落ちていた子が数匹綿かぶり病を発症したのでまとめて全員薬浴させてます。
今ではすっかり綿かぶり病も治まった模様。
一安心です。

数が減ってしまった期待の幹之たち。
その中でも特に期待をかけていた精鋭たちがほぼいなくなってしまいました。
でも生き残ってくれたこの10匹を見ていると愛しさがひとしおです。
e0097534_1121591.jpg
e0097534_11212056.jpg
e0097534_11213265.jpg
e0097534_11214143.jpg
e0097534_11215084.jpg
e0097534_1122129.jpg
e0097534_11221937.jpg
e0097534_11223140.jpg
e0097534_1122508.jpg
どうか、春には元気にまた外で泳ぎまわってくれますように。
いっぱい繁殖をしてくれますように。


でもね、不幸中の幸いとでも言うべきか、去年の晩夏に稚魚を取っておいたんですよ。
え~ん、よかったよぉ。
どんな子に育つかはわかりませんけどね。(笑)

ほんと、春が待ち遠しいです。
by butachan02 | 2013-01-21 11:26 | メダカ | Comments(8)

再会 ~ワタシを田んぼに連れてって~

もう十数年前、事務所の片隅でクワカブのブリード&小さな直売所をしておりました。
体を壊してやめちゃったんですけどね。
e0097534_14452881.jpg
大人も子供も、たくさんの方に来ていただきました。
特に夏休みともなれば少年たちが押しかけてきて、
e0097534_14473965.jpg
そりゃもう、狭いスペースにやんちゃ坊主が溢れてて賑やかでした。
「こらーっ、そこ触るな!」
「育てられんヤツには売ってやらん!」
e0097534_14504251.jpg
毎日がおばちゃんと小学生の攻防。
目の離せないワンパク小僧ばかりだったけど、み~んなキラキラした目をしててかわいかった。
e0097534_14531734.jpg
↑ アルキデスオオヒラタ

いつか大人になったとき、ここを思い出してくれる子がいるかな?
あんな場所にあんなおばちゃんがいたっけって。
e0097534_1455789.jpg
↑ 国産オオクワガタ

そして、やがて結婚してパパになったときに、自分の子供にクワガタやカブトムシを捕まえたり語ってみせることができるかな?
で、ちょっとだけ子供に尊敬される目で見られる父親になるの。(笑)
e0097534_14593461.jpg
↑ ギラファノコギリ

いつかこの子たちがそんな大人になってくれたらうれしいなぁ。
賑やかな少年たちと接しながらそう思ってました。





あれからもう十数年・・・・・・・・。

e0097534_168760.jpg
↑ メンガタ

そんなこともすっかり忘れていたおばちゃんでした。




昨日のこと。
洗濯物を取り込もうと外に出たら、裏口から庭を覗き込んでる一人の青年。
な~んか懐かしい顔のような。
青年はバイクのメットを片手にニコニコッとしながらいたずらっぽく
「覚えてない?」
「あーーっ、もしかして?覚えてるよー!」
e0097534_1564318.jpg
↑ グラントシロカブト

小学5年生ごろからから中学1年生ごろまでよくやって来てた子は、すっかり大人のイケメンになっておりました。
「もうクワガタやってないの?」
「うん。今はメダカを少し。そっちは?」
「熱帯魚とエビ。しかし、またおんなじようなことやってんだね、二人。」
「ほんとにねぇ。」
e0097534_15152598.jpg
↑ グランディスオオ

懐かしさのあまりそのまま外で立ち話。
22歳になったんだって。
彼女もいて、まじめに働いていて、将来へのしっかりとした考えも持っていた。
あの子がねぇ。
ふふっ、耳にピアスなんかしちゃってさ。
e0097534_15211936.jpg
↑ メタリフェルホソアカ

いいえ、あのときから見かけによらずしっかりしてた子だった。
夏休みにワタシが実家に帰省してたときには、直売所のクワカブのエサ交換のバイトをしてもらったりとか。
委託品の販売もやっていたので、お父さんと二人でブリードしたクワガタもうちで預かったっけ。
「あのときのケース、まだ預かったままであるよ。もうポリポリになっちゃってるけど。(笑)」
「うちなんか、まだマット入ったままで放置してるケースもあるよ~。」
e0097534_15274426.jpg
↑ セアカフタマタ

プラ舟やベジプラを覗き込みスネールの話題になったり水草の話題になったり。
「アマゾンフロッグピットある?」って聞いたら「水槽で捨てるほどいっぱい増える。」と言うので、
「よしっ、春になったらちょうだい。」
「じゃ、それまでに増やしとく。」
やったぁ♪
e0097534_1685036.jpg
↑ ヘラクレス・リッキー

「水草ってさ、以外に田んぼにあるんだよね。ホシクサが欲しいから探しに行きたい。」
「ホシクサ?」
「干し草じゃねえぞ。」
「わかってるけど、どんななの?」
スマホでサクッと見せてくれた。
「おー、かわいいねぇ。じゃ、田んぼに探しに行こうよ。おばちゃんを田んぼに連れてって。」
「は?」
e0097534_15572417.jpg
↑ ニジイロ

「田んぼにか?そこらへんの田んぼに一人で行ってくればいいじゃん。」
「田んぼ無いもん。彼女はまさか田んぼには行かんでしょ?かわりにおばちゃんを連れてって。」
強引に食い下がるおばちゃん。(笑)
e0097534_1645450.jpg
↑ パプアキンイロ

「一人で行けばいいじゃん。」
「おばちゃんがよその田んぼに一人でいたら変じゃんか。」
「似合ってるよ。オレのほうが田んぼにいたらおかしいじゃん、不審者じゃん。」
「ムギワラ帽子かぶってりゃ違和感無いし。行こう、二人で。連れてけ。」
e0097534_166026.jpg
↑ パラワンオオヒラタ

いろんな話をしました。
あれからのこと、今のこと、将来のこと。
「ほんと、いい青年に育ったねぇ。あのころのやんちゃな感じではどんな大人になるのかと思ったけど。」
「オレはしっかりしてたよ。クワガタをきちんと育てられる子は大丈夫なんだよ。ちゃんと責任感があるから。」
なるほど~。
逆に教えられることがいっぱい。(笑)
あんたをうちの息子にしたいよ、まったく。
しみじみ感慨にふけってたら、
「老けたね。」
言うか!
「当たり前だろー、もう10年たってるんだよ。自分だって22歳にもなったくせに。」
「あははは。」
相変わらず憎めないやっちゃ。
e0097534_1539401.jpg
↑ ダイオウヒラタ

でもうれしい。
こうして会いに来てくれたことが。
ほんとにうれしいよーーーー。





あの夏の日々のたくさんのいたずら坊主たちも、みーんな大人になったんだね。
みんなどうしているのだろう。
元気でいるかな?
いつかあの夏の日々を思い出すことがあるのだろうか・・・・・・。
e0097534_16261098.jpg




青年との別れ際に青年が言った。
「じゃ、春になったら。」
「うん、アマゾンフロッグピット。」
おばちゃんは答えた。


本当はもう1回言いたかったんだぞ。

「おばちゃんを田んぼに連れて行けー。」


またおいで。
ヒマだったらまたおいで。
春になる前でもまたおいで。

水草について語ろう。(笑)
by butachan02 | 2013-01-20 16:27 | おばちゃんだもん | Comments(12)

久しぶりにメダカ

お正月からひいていた風邪。
ようやく治ってきたようでずいぶん楽になりました。
今日は久しぶりにコンデジ持ち出して、メダカを撮ってみました。


毎朝、プラ舟ビオが凍り付いてます。
e0097534_1440143.jpg
ただの水面に見えるけど、カキンと1枚板の分厚い氷が張ってるんですよ。
その氷の下を探してみたら、
e0097534_14424292.jpg
落ち葉の陰に緋メダカが1匹おりました。


南側軒下に置かれた発泡スチ箱の中の琥珀透明鱗3色と赤虎たちは荒木田土に生えた藻に潜っています。
e0097534_14452290.jpg
夏場はすごく邪魔者な藻だけど、冬場は柔らかで暖かそうなお布団になってます。
e0097534_14472468.jpg
e0097534_14473123.jpg
元気が良すぎて逃げるのでなかなか良い画像が撮れません。
撮りたいと思う綺麗な個体には逃げられまくり。
けど、ほとんどの子が無事に冬を過ごしているようで一安心。


晩夏生まれの室内の2系統の青幹之幼魚。
無加温で発泡スチ箱飼いです。
e0097534_14522694.jpg
e0097534_14523720.jpg
e0097534_14525227.jpg
e0097534_14531264.jpg
e0097534_1453589.jpg
e0097534_14541133.jpg
e0097534_14542399.jpg
体内光と体外光のW光の子もいてとっても綺麗~。
光はどこまで伸びるかな?
冬でも毎日室内メダカを覗き込みながら楽しんでます。


晩夏に採卵して稚魚を取り冬場に加温無しで育てるということを前の冬に楊貴妃出目パンダ系で失敗しているので、じつは今回の青幹之稚魚冬越しも不安でした。
けれど、寒さが来るまでギリギリ外で太陽を浴びせながら少しでも大きく育ててから室内に持ち込むことで、落ちる個体もほとんど無く現在に至ってます。
小さめ個体は間接加温(湯銭方式)にすることによって、目に見えて確実に成長しています。
水槽に直接ヒーターを入れるよりも湯銭加温のほうが監理もしやすく稚魚にも優しいみたい。
冬場の稚魚飼育、ちょっと自信がついたかな。
なーんて。
今年もまた晩夏の採卵に挑戦してみようと思います。
by butachan02 | 2013-01-18 15:15 | メダカ | Comments(6)

ブルーベリー鉢増しとオーディオルーム造り

またまたブログ放置ですいません。
いっそブログやめちゃおうかとも思うことありますが、
たぶんまた書きたいなと思うこともあると思うので、
つか、そっちのほうが可能性大なのでブログは存続。
なんだかんだともうこのブログだけで6年以上続けてきたんだなぁ。
書きたいときに書く、というスタンスなので、
今後もどうぞ生ぬるく見守ってやってください。


いまさらながら、雪降りましたね~。
寒いですね~。

雪降る前の日は暖かかったので、鉢植えのブルーベリーたちの鉢増し作業をやりました。
もう何年も植えっぱなしだったもんで、そろそろ植え替えてやんないとストライキ起こして実をつけてくれなくなっちゃうような気がして・・・・・。
e0097534_11234838.jpg
鉢増ししたのは、シャープブルー、ブルーゴールド、ブライトウェル、タカヘ、ミノウエレガント、ヌイ、ジャンボ、バルトウィン、ブルーシャワー、おおつぶ星、あまつぶ星、ブルージェム、デキシー、ノースランド、ブルーベル、フェスティバル、ノビリス、スパルタンの19鉢。
e0097534_1127252.jpg
↑ シャープブルーの花芽。
んふふ。これで来年は豊作になるかな?


翌日、古傷の左手手首が痛かった。
そう、2年ぐらい前に骨折した左手首。
ブルーベリー鉢増し作業のせいか、お天気のせいか?
e0097534_11304014.jpg
e0097534_11305371.jpg



そんな雪のくそ寒い中、ダンナとオーディオルーム造りに精を出しました。
ダンナがね、10日ほど前に知人より古くてどでかいスピーカーを貰い受けたため。
なんでもTANNOYとかいうメーカーのArdenつースピーカーだと。
e0097534_11411642.jpg
購入時は相当なお値段だったらしい。
しかもまだまだ聞ける。
が、何しろ古くてサランネットが汚れているのと、とにかくどでかいもんで、所有者も持て余していたらしい。
そんなモン貰ってどーするんだよぉ~、と、妻は呆れておりましたが、
わざわざ東京まで貰い受けに行ったダンナと友人はニコニコ顔なもんで、
そりゃーもう、目がキラキラとしたいたずら坊主のようでして、
しゃ~ね~な、と、母性溢れる妻は目をつぶっておりました。


昨日は久しぶりに仕事が休みで、雪のため外出もままならず、
そんじゃいっちょやったろかー、と、
今はすっかり物置部屋と化した亡き義母の部屋をオーディオルームにリメイクしました。
e0097534_1145445.jpg
e0097534_1145206.jpg
e0097534_11453150.jpg
物置部屋のなごりです。(笑)


ダンナと二人、コーヒー飲みながらしばし音楽鑑賞。
床に響く重低音がすごー!
しかもコーヒー置くテーブルも無かったので、急遽メダカ用の発泡スチ箱の上に化粧ラーチ合板を乗せるという、とってもチープな仕様にしてやった。(笑)
この部屋は今後おそらくダンナと愉快な仲間たちの集うおやじたちの秘密基地となりそうなので、
これ以上お金をかける気はさらさら無い妻なのです。
せめて妻のボランティア精神に感謝してくれ、ダンナ。
e0097534_1293743.gif

by butachan02 | 2013-01-15 12:11 | 冬の庭 | Comments(12)


改良メダカ飼育にどっぷり。庭に息づく小さな生き物にカメラを向けたりと毎日庭をウロウロウロ。湖月わたるさんが大好きで舞台鑑賞を楽しんでます。


by butachan02

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

外部リンク

最新の記事

突撃!隣市のA氏の飼育場!
at 2017-08-18 14:53
ミズサンザシと万葉・今年の親..
at 2017-08-17 10:43
雨のビオ
at 2017-08-16 15:38
雨の日は・・・・・・
at 2017-08-15 16:06
万葉・ヒカリ三色
at 2017-08-14 17:30
黒ラメ幹之の中からこんな仔
at 2017-08-11 15:10
万葉・紅白の夏仔
at 2017-08-10 17:40
まんまる出目ちん
at 2017-08-09 16:52
万葉・ラメ三色を目指してのF..
at 2017-08-08 17:45
あんまりバラけなかった異種交..
at 2017-08-06 16:04

カテゴリ

全体
おばちゃんだもん
湖月わたるさん
メダカ

にゃんこ
小さな生き物
春の庭
夏の庭
秋の庭
冬の庭
野菜栽培
写真
お出かけ
ハンドメイド
マンホールのフタ

最新のコメント

8月 目前に、厳選した子..
by 海 at 13:15
こんにちは ご無沙汰し..
by 海 at 12:52
この時期にミズサンザシが..
by OTTO at 21:22
昨日は大変お世話になりま..
by さだきち at 18:54
次々に☆になってしまうの..
by 清水かずひろ at 21:28
私も不注意で稚魚を2,3..
by つばき at 14:21
おばちゃんさん、こんにち..
by きなママ at 12:38
この写真全部好きーっ! ..
by OTTO at 23:22
おっと?検討ありがとうご..
by 桔梗 唯 at 19:35
★猫蔵さんへ★ ヘ..
by butachan02 at 18:45

フォロー中のブログ

風に吹かれて~♪
山鵜の野鳥草子
モコちゃんの鳥撮り記
パシャパシャパシャ

お気に入りリンク

ファン

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物
日々の出来事

画像一覧