<   2013年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ま~たやっちまった


野生の黒メダカから採卵して孵化してた稚魚が、
なぜかここに来てバタバタ落ちていってます。(涙)
なぜなんだろ。
近辺に置いてある他のメダカの稚魚たちは普通に育っていくのに。
野生の血が人工飼育を拒否るのか?


仕方ないので慌てて採卵し直して、今度はこの ↓ 容器に産卵床ごとポン!
e0097534_1430371.jpg
越冬ホテイアオイの再生用スチ箱。
じつはここ、以前記事にもしたアブラハヤ君がはいっていたのです。

過去形?

そう、確かに入れた。
が、その後一度も姿を見ていないという・・・・・・・。
不思議に思って、入れてあった水草類やホテイなど全て取り出して探してみたんですが、もぬけの殻。
なじぇ?
アブラハヤ君、どこへ消えた?
もしかしたら飛び出し事故死でもしてしまっていたのか?
結構好きだったんだけどなぁ・・・・・・・。
こんなときに言うのもなんだけど、ザリ君もお星様になっちゃったし。
やっぱり川に返してやればよかったんだよなぁ・・・・・・・・。


住人のいなくなったこの容器、底床には荒木田土が入っているし、な~んか自然ぽい佇まい。
こりゃもしかして黒メダカ稚魚の新飼育場所に適してるんじゃないかと卵を入れておいたのです。
やった!1匹目、孵化してるし~。
e0097534_14375582.jpg
今度こそちゃんと育ちますように。

そうだ!
野生の血が落ち着くように(んなことあるのか?)さらに自然ぽくしてあげよう。
よし、ミジンコを入れてやれ。


ミジンコといえば近くの容器のここ。
e0097534_14454267.jpg
勝手にミジンコが湧いていたこの容器。
ここで、サルビニアに着いて来た卵から孵った稚魚が連日ミジンコ食べ放題な生活を送っている。
どれどれ、
e0097534_14505168.jpg
うん、順調に大きくなってるね。
こっちの子も
e0097534_14512551.jpg

え?

・・・・・・お前、針子じゃん。

何で?
何で針子がここにいる?
しかもあっちにもこっちにも。
e0097534_14531629.jpg



あ~っ、またやっちまった!
原因は容器の真ん中に置いてあるナガバオモダカだーーー。
ここに卵が付いてきてたんだーーー。


ええと、
このナガバオモダカ、どこから持ってきたっけ?
あ、隣の自家製黒メダカと緋メダカが入ってる容器からだ。
あ、まてよ。
その2~3日前にはナガバオモダカはおもちゃ箱メダカのベジプラ容器に入れてあったんだ。
スイレンを入れたからナガバオモダカを取り出したんだっけ。
あ、まてよ。
そのほんの2~3日前までは、そのベジプラ容器にはおもちゃ箱メダカじゃなくて琥珀透明鱗三色たちが入っていたんだっけ。
そうだ、琥珀透明鱗三色をプラ舟ビオに移したために、空いたベジプラにおもちゃ箱メダカを入れたんだった。

つーことは、
・・・・・・・結局この針子たちは誰の子だ?(笑)
色形から見て三色の可能性が濃厚だけど。


とりあえずレスキューだ!


10匹以上掬って、ミジンコも掬って、黒メダカ稚魚容器に入れておいた。
針子の色も全然違うので成長後も見分けがつくだろう。
2種の針子、仲良くミジンコ食べながら暮らすように。(^^;



あー、びっくりした。



掬い網持ったついでに、大きくなってきた琥珀透明鱗三色であろう稚魚たちも掬ってみました。
e0097534_1516610.jpg
e0097534_15161678.jpg
あ、やっぱり楊貴妃出目パンダちゃんが1匹入ってるね~。
つまり今年もいっぱいやらかしてる証明。
我ながらバカすぎるわ。。。。。。。。
他の子はやっぱり琥珀透明鱗三色に間違いなさそう。
なんかいいカンジの柄になってるかも~。

あ。
e0097534_1519597.jpg
e0097534_1520886.jpg
ここにも針子が1匹混じってた。(わかるかな?)
大変、大変。
レスキュー、レスキューっと。



黒メダカの稚魚が落ちるというショックから始まって、
稚魚に振り回された1日でした。
ま、身から出た錆ですけどね。。。。。。。。。。
by butachan02 | 2013-05-30 15:28 | メダカ | Comments(10)

今度はハトかい。。。。。

ブルーベリーの実が色づき始めました。
e0097534_17384650.jpg
ヒヨドリとの戦いが始まるなぁ。


庭に鳩が舞い降りたので、
写真とったろ~。
デジカメ持って外に出た。

ら、

e0097534_17391560.jpg


うぉい!鳩!

どこに入ってるんぢゃあ!!

そこはメダカ容器やんけーーーーー!!!



水浴びか?
お前もそうなのか?
スズメやヒヨドリと同じで、メダカ容器で水浴びなのか?

よもやメダカは食わんよね。。。。。。。。
e0097534_17433654.jpg

なんとか言え。



と、鳩は水を3口ほど飲んで
e0097534_17454835.jpg
何事もなかったようにこっちを見てから飛び去った。



よかった~、水浴びじゃなかったんだぁ。


でも鳩、
お前、水生植物の鉢の上に立ってたよね?
踏んだ?
冬越し失敗してヨレヨレのシラサギカヤツリとか、ちょっと危ないヒメコウホネの上とか。
ほんとはおばちゃんが見てなかったら、水浴びする気でいたでしょ?


ワイヤーネット掛けとこ。


フッ、
熱帯スイレンのムカゴ苗のドーベン(仮)の鉢、よそに移しておいて良かったよ。
せっかく屋外でど根性出して越冬したというのに、
やっとこ葉を展開してきたというのに、
また鳥にかき回されたらかなわんし~。

※ 業務連絡
マサコケさん、ドーベン(仮)ここまで育ってきましたよ~。
e0097534_17524466.jpg
e0097534_17525250.jpg

by butachan02 | 2013-05-29 17:58 | 小さな生き物 | Comments(10)

頭光と体内光のW光 (幹之若魚) 

元気に泳ぐ昨年晩夏孵化の青幹之の稚魚たち。
すでにスーパーになった子、期待できる子、光りの出始めた子、いまだに出ない子、さまざま。
気を揉ませます。(笑)
e0097534_14241639.jpg
その中に、こんな個体を見つけました。
白タイプです。
e0097534_14252745.jpg
頭部近くに光りが出てる子。
そして尾の部分に見える体内光が綺麗。

白タイプは全部で5匹いますが、頭部に光が出てるのは今のところこの1匹のみ。
というか、幹之飼育始めて3年めですが、頭部から光り始めた子は初めてです。
白タイプの体内光個体ではたいてい尾の部分から光りが伸び始めるため、体内光はやがて見えづらくなってしまいます。
でもこの個体、光りが頭からなので尾の部分の体内光が綺麗にそのまま見えてるんです。
e0097534_1431665.jpg
e0097534_1431334.jpg
e0097534_14314717.jpg
e0097534_14315698.jpg
e0097534_1432972.jpg
e0097534_14322079.jpg
頭部からの光り、このまま下に向かって伸びていくんだろうか?
尾の部分からも光りは出てくるんだろうか?
こういうW光も綺麗だから、できればこのままがいいんだけどなぁ。
どうなるかな?
そして残る4匹の白タイプからも、こういう個体に変化してくる子が出るかな?
ドキドキワクワクしながら観察していきたいと思ってます。
by butachan02 | 2013-05-29 14:40 | メダカ | Comments(4)

マリアセア・クロマテイラのツボミのもとで愛を語る

それは運命かもしれない。


今朝、
とあるペアのペアリングを解消。
過抱卵とおぼしきダルマのメスを仲間のいるベジプラに帰した。
お気に召す相手を見つけなさい。

e0097534_16132919.jpg
マリアセア・クロマテイラのツボミが伸びてもう少しで水面に顔を出すというころ。


2匹は出会った。
e0097534_1619572.jpg
愛は突然に。

e0097534_1620148.jpg
「ねぇ、ボクと付き合わない?」
「興味ない。」

e0097534_16212375.jpg
「ねぇ、そんなにつれなくしなくても」
「しつこい。」

e0097534_162388.jpg
「ボクだったらその苦しそうなおなかをすぐに楽にしてあげられると思うんだけど。」
「ちょ、」

e0097534_1628107.jpg
「冗談!ワタシはそんな軽いオンナじゃないわ。」
「あっ、待って~。」

まるでストーカーのようにしつこく言い寄るオスと全くソノ気の無いメス。
恐ろしく違う体型が笑えるんだけど、でもいいんじゃない?過抱卵、治るかもよ。

e0097534_16341785.jpg
「アナタ、タイプじゃないんだってば!」
「ガーーーーン!!」

e0097534_16355632.jpg
「さよなら~。」
「あ、待って。」

e0097534_1637089.jpg
「しつこいのキライ!!」

e0097534_1641148.jpg
「あっちへ行って!!!」



あ~あ、振られちゃった。


ハートフレイク中のオス。
e0097534_1643278.jpg
スイレンのツボミに何を語りかけているのだろう。(笑)



その後この2匹がどうなったかは知らない。(忙しいもんで・笑)
愛が届くといいね。
負けるな、オス。
そして、メス、
命あってのモノダネだよ。
いいかげん受け入れちゃえば?



マリアセア・クロマテイラの花が咲くころに、恋の行方は見られるだろか。
by butachan02 | 2013-05-28 16:51 | メダカ | Comments(6)

熱帯性スイレン・ティナ 買っちゃった


昨日、銀行に行ったついでにちょっとホームセンターまで足を伸ばしました。
目的はスイレンと水生植物。

いえ、
見るだけ。
見学、見学。


そしたら、ティナが売ってるぢゃありませんか。
しかもツボミ付き。

買う、
買う、
買うよ。
即お買い上げ。
欲しかったの。
紫の花が見たい。

厚かましくブログでみいさんにおねだりしちゃったりなんかしたけど、
ごめんね、根性無しでまちきれなかった。

だけど初めての熱帯性スイレンだし(マサコケ産の屋外越冬ど根性ドーベン(仮)を除く)、
無事に育てられるだろうか。
検索したら熱帯性の入門種とか。ムカゴで増えるとか。
何とかがんばろう。

黒ポット植えだったので帰ってすぐ平鉢に植え替えた。
ツボミが付いてるから不安もあったけど、ポットのままよりよかろうて。

今朝、青幹之のベジプラに入れた。
幹之たち、興味津々てかんじ。(笑)
e0097534_15504253.jpg
e0097534_15505548.jpg
e0097534_1551159.jpg
e0097534_15513420.jpg
e0097534_15523377.jpg
e0097534_15524518.jpg
e0097534_15525688.jpg
e0097534_1553440.jpg
e0097534_15531584.jpg
e0097534_1553265.jpg
e0097534_15533611.jpg
e0097534_15534628.jpg
ティナのツボミ、無事に育ちますように。
by butachan02 | 2013-05-28 15:56 | メダカ | Comments(6)

庭は春から夏へ

もう、
賑やかなマーガレットの白い花も、
咲き誇るヒルザキツキミソウのピンクの花々も姿を消した。

e0097534_20115464.jpg
サルビア・ホットリップスの花に白い部分が多く混ざるようになってきた。
季節の流れを告げる花たち。
e0097534_20132363.jpg
e0097534_20133745.jpg
アルペンブルーとその白花。正確な名前は知らない。
千鳥草も風に揺れながら咲き始め。
e0097534_20151936.jpg
e0097534_20153324.jpg
e0097534_20154572.jpg
ルピナスはたわわに種を結んだ。
e0097534_20163425.jpg
楓にも種。
e0097534_20165793.jpg
数年前、ブログ友から頂いたカシワバアジサイも大株に育ち、今年もたくさんの花を咲かせる。
e0097534_20175067.jpg
e0097534_20184826.jpg
ガザニア
e0097534_20191144.jpg
松葉菊
e0097534_2042738.jpg
スカシユリ。
e0097534_20211471.jpg

スックと立つオリエンタルリリーたちからはツボミが覗く。
e0097534_20233577.jpg
春から夏へ。
春から夏へ。
e0097534_2024113.jpg
e0097534_20242039.jpg
e0097534_20243057.jpg
ああ、忙しい。
庭はどんどん衣替え・・・・・・









・・・・・・・・・・・・させていってるのよ、おばちゃんが。
e0097534_20275797.jpg
花の終わったマーガレットやヒルザキツキミソウを引っこ抜き、はびこる雑草を引っこ抜き、モジャモジャの庭木の枝を剪定し、袋に詰めたら8袋になったぞーい。
これでもまだ作業は庭の2/3が終わったばかり。
はぁああああ、マジ疲れたよ~ん。
腕なんかバンバンに筋肉痛だしぃ。

庭を保つのも楽じゃない。

けど、

「1ヶ月に1度近所に来るから、そのときにここ(裏口)からいつも庭を見せてもらってるよ。」
と以前、見知らぬ老紳士が言ってくれた。
「きちんとした良い庭だね。」
って。
その言葉はエネルギーをくれた。
がんばろうーーーー!!

けど、

うちのダンナは草1本抜いたことも無く、
庭は勝手に季節とともに移り変わっていくと思ってるに違いない。

まちがいではないんだけどさ、
花は次々に咲いていくんだけどさ、
ワタシは庭の衣替えのお手伝いをしているだけなんだけどさ、

でも、
ちょっとは褒めて欲しいときもあるよね。

ねぇ。
by butachan02 | 2013-05-27 20:44 | 春の庭 | Comments(8)

合体!!

↓ 親がニル産楊貴妃透明鱗
e0097534_17443181.jpg
e0097534_17445480.jpg
e0097534_174513100.jpg
ここからフラッシュ撮影
e0097534_17452810.jpg
e0097534_17454337.jpg
e0097534_17455494.jpg
e0097534_17467100.jpg


↓ みい産楊貴妃透明鱗三色系
e0097534_1747476.jpg
e0097534_1747157.jpg
e0097534_17473366.jpg
e0097534_17474944.jpg
e0097534_17475973.jpg
ここからフラッシュ撮影
e0097534_1748147.jpg
e0097534_17491376.jpg
e0097534_17492789.jpg
e0097534_1749429.jpg
e0097534_1749597.jpg
e0097534_17501139.jpg
e0097534_17502337.jpg


それぞれに卵もまぁまぁ採れて、稚魚の孵化も始まりました。


ので、


本日、この2系統の容器を


合体!!


させまして、(あ、統合と言うのね。)新たな楊貴妃透明鱗の誕生を狙いたいとたくらみ計画中です。

どんな楊貴妃透明鱗ちゃんが生まれてくるかな~。
ドキドキ、ワクワク♪


加えて続々と孵化成長中の21種(系統も含む)の稚魚容器置き場にも ドキドキ、ハラハラ中~。

どうすべか。。。。。。。。。。。。く( ´ ⌒ `)ゞうーん
by butachan02 | 2013-05-27 18:03 | メダカ | Comments(9)

メダカはスイレンの葉がお好き? と さまざまな青幹之若魚

朝、何気にスイレンの入ったベジプラを見たら、2つのベジプラで揃いもそろって
メダカがスイレンの葉の上に乗っていた。
しかも見ているととっかえひっかえやって来ては、スイレンの葉を堪能してる。
e0097534_18313313.jpg
e0097534_18314737.jpg
e0097534_18321058.jpg
e0097534_18322373.jpg
e0097534_183479.jpg
e0097534_18341965.jpg
e0097534_18342980.jpg
どんだけスイレンの葉が好きなんだー?


それにしても青幹之の若魚が今 面白い。
ようやく光りが出始めたり伸びだしたり、依然として全っ然光りが出ない子とか。
2系統いてまぜこぜなんだけど、青幹之のくせに体色のバリエーションも豊かなのが笑える。
見ていて飽きないの。
↓ この子は光りがゴールドなの。ザラザラしたゴールド。
e0097534_1836359.jpg
e0097534_18414655.jpg

↓ この子は光りが何段かに分かれて出てきた。
e0097534_18425897.jpg
e0097534_18431060.jpg

↓ この子は本ダルマさん。
e0097534_18434222.jpg
e0097534_18434958.jpg
本ダルマさんは光りが伸びやすいのだろうか?
他の容器に移してある姉妹はすでにここまで光りが伸びている。
e0097534_18444670.jpg

↓ この子は体色がパープル。稚魚のときからパープルな子が何匹かいた。
e0097534_18452774.jpg
e0097534_1845441.jpg
e0097534_18475362.jpg
e0097534_18455663.jpg
一緒に写っているのはシルバー体色の子。
↓ この子は体内光。
体内光っていったら白タイプをよく見かけるけど、この子は青タイプのオレンジ体内光。
e0097534_18502392.jpg
e0097534_1850324.jpg
e0097534_18504253.jpg
↑ 一緒に写っている子はどうも過抱卵ぽい。
精力的な王子様、助けてやってくれ~。


この先、この子たちはどんな進化を見せてくれるのだろう。
とても楽しみ。
そしてこの子たちの兄弟の今年の稚魚(今度は2系統を混ぜて交尾させ卵をとった)も只今ワンサカ。(笑)
はてさて、どんな子が出てくるのかな?



またしてもコメントのお返事遅れててごめんなさいです。
ちゃんとお返事させていただきますのでしばしご勘弁を。
by butachan02 | 2013-05-26 18:56 | メダカ | Comments(10)

何メダカかな?


越冬サルビニアを養生させておいた発泡スチ箱に、
産卵前の親容器から捨てるのもったいないサルビニアを少し持ってきて入れた。


いつのまにかその容器にミジンコが湧いた。
やほ♪
e0097534_1756033.jpg



そしていつのまにかその容器にメダカの針子が泳いでた。
今年もやっちまった~。


サルビニアの根っこにモワモワの藻が増えだしたので、結局容器の中のサルビニアは捨てた。
容器の中はミジンコの大群と正体不明のメダカの針子だけになった。
針子たち、ミジンコの食い放題。(笑)


とはいえ、ちょっと心配なので1日1回粉エサをほんの少し与えてはいた。
あとは針子のときから自力。
もちろん大きいミジンコは食べられない。
最初は藻でも食べていたのだろう。
今は見ていると、あきらかにミジンコを追いかけて食べている。
おそらくミジンコのベビーなんだろう。
e0097534_1758498.jpg
e0097534_1758173.jpg
もう何代もにわたり人に飼育されてきた改良メダカのはずなのに、自分もベビーのはずなのに、
その姿はまぎれもないハンター。


何メダカかなぁ。
e0097534_1818177.jpg
↑ この子はパンダ目のダルマさん。
てことは楊貴妃出目パンダ?
うん、うちにはパンダはそれしかいない。
でも、あれっ?体に黒い点々がある。
ピコピコと泳ぐ姿が愛らしい。

あとは、
e0097534_18183633.jpg
e0097534_18185245.jpg
e0097534_181959.jpg
e0097534_18191746.jpg
e0097534_18192727.jpg
e0097534_18193889.jpg
e0097534_18194817.jpg
e0097534_18195980.jpg
e0097534_18205050.jpg
e0097534_1821129.jpg
10匹前後いるんだけど、動き回るのが早すぎて動体視力追いつかず正確な数はわからない~。(^^;
重複個体の画像があるかも。


メダカの種類としてはパンダダルマ以外はたぶん琥珀系三色の線が濃厚。
今後の成長も楽しみに追いかけようと思う。
by butachan02 | 2013-05-26 18:26 | メダカ | Comments(2)

お天気もいいし

e0097534_16284440.jpg
e0097534_16285497.jpg
e0097534_1629280.jpg
e0097534_16291210.jpg

がんばれ、ハナアブ。


今日も暑いね。
by butachan02 | 2013-05-24 16:29 | 小さな生き物 | Comments(8)


改良メダカ飼育にどっぷり。庭に息づく小さな生き物にカメラを向けたりと毎日庭をウロウロウロ。湖月わたるさんが大好きで舞台鑑賞を楽しんでます。


by butachan02

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

最新の記事

咲いた、咲いたよ
at 2017-05-26 21:54
切羽詰まってきて逃げた報い
at 2017-05-25 18:53
万葉・ラメ三色、色が上がって..
at 2017-05-24 17:05
宇宙人からの指令「ペット化せよ」
at 2017-05-23 17:56
なるほど、そう来たか、異種交配
at 2017-05-22 17:28
うわ!いいの?これもう返さん..
at 2017-05-21 18:46
おらも出してくれ、と ヒカリ..
at 2017-05-19 18:57
ベルサイユのめだか ~オス・..
at 2017-05-18 18:13
ベルサイユのめだか
at 2017-05-17 18:13
ヒカリ白ラメ幹之
at 2017-05-16 18:05

カテゴリ

全体
おばちゃんだもん
湖月わたるさん
メダカ

にゃんこ
小さな生き物
春の庭
夏の庭
秋の庭
冬の庭
野菜栽培
写真
お出かけ
ハンドメイド
マンホールのフタ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by 南口 at 20:32
睡蓮も姫河骨も、とても綺..
by kazuyoo60 at 11:48
春季行けなそうです(泣)..
by さくぞう at 06:37
★さだきちさんへ★ ..
by butachan02 at 21:06
お忙しい中、教えて頂いて..
by めだか感動屋 at 21:06
★メダカのたまご星人さん..
by butachan02 at 21:03
★メグミさんへ★ ..
by butachan02 at 20:57
★ゆういちさんへ★ ..
by butachan02 at 20:53
★ゆきみさんへ★ ..
by butachan02 at 20:48
★ちゃまさんへ★ ..
by butachan02 at 20:46

フォロー中のブログ

風に吹かれて~♪
山鵜の野鳥草子
モコちゃんの鳥撮り記
パシャパシャパシャ

お気に入りリンク

ファン

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

自然・生物
日々の出来事

画像一覧